とがしのへや

落語を聞きに行く。

 先日「桂歌丸・春風亭小朝の二人会」に行ってきました。歌丸は笑点を降板したり文部科学大臣表彰受賞が決定してからなかなかチケット取れないみたいですね。近所の市民ホール前にこの2人の張り紙があって、生で落語聞いてみたいなーと思って買いました。笑点降板報道前にチケットを買ってたのでまさかこんなことになるとは思いませんでした。
 
 実際に生の落語を聞いてみたのですが、初めは前座の「古今亭今一~ここんていいまいち~」という人の「初天神」という演目でした。みんな芸名に笑っていいのか戸惑っていましたが本人が機転を利かせて「イマイチ、でございます」と笑いを誘っていました。さすが芸人だなあと思いました。個人的にこの人の落語が気になったのでまた機会があったら別の話も聞いてみたいと思いました。
 2人目が桂歌丸でしたが幕が上がった途端拍手のレベルが前座の人と段違いで拍手喝采ってこういうことを言うんだ!!と思うくらい割れんばかりの拍手でした。演目は「紺屋高尾」という人情ものでとても心温まる話でした。「キツネは尾を使って人を騙すが、花魁は口を使って人を騙す、だから花魁(尾いらん)」という説明はうまいなぁと思いました。あと「笑点メンバーの司会が下手!特に黄色いラーメン屋!!」と笑点メンバーをネタにしていたのにもすごく笑わせてもらいました。

 間にハーモニカ演奏者が入ったのち春風亭小朝の「試し酒」を聞きました。落語ってやる人の体型によってもできる演目とできない演目があるっていうのを聞いたことがあるのですが貫禄がある人の試し酒は見応え聴きごたえがすごくあり、ストーリーは知っていたのですがすっと春風亭ワールドに吸い込まれていきました。扇子を杯にして豪快に酒を飲む演技はCDでは見ることができないので実際に見れて本当に良かったです。
 芸人の人は頭の回転が早いのでさっきあったことをすぐ面白おかしくネタにできるんですね。歌丸は演目が終わるとすぐ弟子のいる寄席に移動したようなんですが、小朝が前座の人が移動先の寄席の前座の人に電話でしていた話を「歌丸師匠、今出棺(出館)しました!」という笑点でよくある死ぬネタとして使い会場が笑いに包まれました。

 
 寝る前に落語聞きながら寝るのがマイブームになっていてまだ推しメン(?)というかお気に入りの落語家は決まってないのですが、立川談志(7代目)はすごくCDが出てるので好きな演目で「白井権八」のようなマニアックなものも聞くことができてよく図書館で借りています。まだ楽太郎(現円楽)の落語も聞いたことがないので色々演目を調べ中です。
2016年6月11日

 最近制作活動があまりできない代わりに、何か制作をするための題材を探したり本を読んだりしています。落語もいい題材になりそうな気がします。話のオチが素晴らしいものが多いですね、落語。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR