とがしのへや

サンドイッチとお茶と私。

 先日姉の結婚式がありました。私の地元で式を挙げたのですが色々私にとってある意味忘れがたい式となってしまいました。
 姉と両親は着付けやら何やらで早めに式場に行っていたため、自由に動ける私が親族に軽食を出す係をやることになりました。流れでは披露宴会場控室に集合→軽食→バスに乗り式場へ、という予定だったので早めに控室で準備をして親族を待ち構えていたのです。ぼーっと待っていると母から電話がなり『あんた何やってんよの!みんなもう会場ついてるわよ!!』と言われ一瞬時が止まりました。どうやら親族はロビーに集められそのままバスで行ってしまったようです。お茶とサンドイッチと私は置いてけぼりをくらったというわけです。急いでタクシーを呼んで40分かけて式場へと向かったのですが自分が情けなくてとても恥ずかしくなりました。あと、タクシー代も足りず親戚のおじさんに足りない分を払ってもらったりと失敗の上にさらに恥ずかしい事態になりとても悲しかったです。顔合わせ2分前に滑り込みなんとか間にはあったのですがこれは忘れられない思い出になりました。

 披露宴は会場のプランに頼らず全て新郎新婦が企画し、席次表や名札も手作りされていました。既製品と全く変わらないクオリティでさすがプロのデザイナーだなあ、と思えるような素敵な披露宴でした。本当は新郎新婦の絵を描いてブログにアップしようかと思ったのですが上に書いたようにショック状態で写真を撮るのを忘れ、さらにとった人から写真のデータをもらうのも忘れてしまったため、サンドイッチくらいしかかけませんでした。今回も頑張って色塗ってみました。サンドイッチとお茶………と私でした。
2015年 9月27日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR