とがしのへや

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示のお知らせ

あっという間に12月ですね。月日が経つのも年々早く感じるようになりました。

今月下旬からリベストギャラリーさんで行われる『干支の酉展』に参加させていただくことになりました。

期間は12月23日(金)〜12月28日(水)と来年1月5日(木)〜11日(水)です。私は半立体作品を1点出品します。

宜しくお願いします。

干支展 2016

防虫・防カビシート

防虫・防カビ用の錠剤シートを買って、早速使ってみました。
・・・・・・・・何かおばあちゃんの家にいる気がする。そんな香り・・・・・
これは桐ダンスとかに入れるものなのでは・・・・・??しまった!!間違えて買ってしまった!!
100錠も入ってるけどどうしよう。とりあえず今日はおばあちゃんを思い出しながら寝ます。すごい高級な香り!!

和田アキ子カット

髪を切るときに気にすること。

・メガネを外しているため短くなる過程がわからないこと。

・目の前にある鏡を見ても輪郭すらわからないため、ぼんやり見える自分の髪が和田アキ子のような髪型にセットアップされている気がすること。

・あとボブカットにしてもらうと、過去に母親から深刻な顔で「あんたの髪……なんか、マッシュルームカット??…ふかわりょうみたいな…」と意味深に言われたことを思い出すこと。そんなに似合わないのか…。

この3点はいつも気になってドキドキします。



毛の量が多いのと、浮きやすい生え方をしているらしいので伸びてくるとうるさくて仕方がありません。
ワックスで動きをつけたいけど、失敗すると端から見て痛々しくなりそうなので家の中でそっといじります。

80の壁

 最近寺山修司と佐藤さとるの作品を交互に読んでます。漫画を描き始めてからは漫画以上に小説やエッセイ本を読むようになりました。
 寺山修司は生い立ちの闇がそのまま作品に反映されていて誘引されます。「確率的不倫」という単語が出てくるゲーム「家族合わせ」は一度やってみたいものです。近々「あゝ荒野」が映画化されるということでそれも読んでるんですが、なんでこんなに闇が匂うんでしょうか。赤瀬川原平とか、佐藤さとるの作品からはあまりそういうのが感じられないんですが。全員生きていれば80オーバーの人々で一度戦争を経験しているというのもあって内容に現実性がすごく感じられるものが多くあるように感じました。

展示のお知らせ

 来月10月3日からイタリアフィレンツェで展示をします。
画廊はMuseo Belliniという美術館の一部です。

私は行けませんが、作品だけ初のヨーロッパ進出となります。
こちらが画廊のサイト→Museo Bellini

とても素敵な展示になりそうです。
この期間もしイタリアに行かれる方がいれば是非お越しください。

フィレンツェ展 お知らせ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。